パワーアンクル

パワーアンクルでかんたんダイエット

パワーアンクルで簡単ダイエット

パワーアンクルでダイエット?

ここでは私自身も実施して
実際に驚くような効果がでている
パワーアンクルでのダイエット法
について説明いたします。


★パワーアンクルって?

パワーアンクルはその名のとおり
足首に錘を着けたトレーニング器具です。

昔は、鉛の棒をいくつか入れたものが
主流だったのですが
最近では鉛を粉末状にしてあるものが
ほとんどで身体に優しい構造
になっています。

(鉛の棒が歩くたびに足に当たるので
少し痛かったんですよね)

足につけるものだけでなく手首につけるパワーリストも販売されていますが、
パワーリストは主に手首や腕力の強化に使うものですのでダイエットには、
全く効果はありません。


★どんな風に使うの?

使い方は、単純。
ただ、パワーアンクルを着けて日常生活を行うだけ。

たったそれだけで一日の消費カロリーの内、
ウォーキング(日常の徒歩を含む)した量のおよそ倍の効果があります。

重さは、1kgで十分です。無理をして2kgや3kg
(これはさすがに普通の人では日常生活に支障が出ると思います)
をつける必要はありません。
というか逆に膝を痛めるなどのマイナス効果がありますのでやめてください。


★外出時はどうするの?

1kgタイプのパワーアンクルであればそれほどかさばることもないですし、
見た目もいくつか色があって目立ちにくいものが出ています。

ただ、男性の方はともかく女性の方でスカートを履いて外出される場合なんかは、
さすがにきついかもしれませんね。
(そんなの私は気にしないわって言われる方はご自由にどうぞ)

その場合は、パンツルックの時と自宅にいる時、
そしてウォーキングをされている方は、ウォーキング時につけてください。

最近テレビの通販などで錘つきの靴(片足1kg程度)が販売されていますが、
ウォーキングする時間がなかなか取れない方なんかには、
自宅や仕事中などいつでもつけることができるので本当に便利だと思いますよ。


★パワーアンクルってどこで売ってるの?

ほぼ一般的なスポーツショップならどこにでも売ってますよ。
色などにこだわる方は、やはり大型店に行かれたほうが良いと思いますが。
価格は、1kgタイプで1,500円程度(2個入)で購入可能だと思います。


★効果のほどは?

一番気になるのは、やはりどれくらい効果があるのかってことですよね。
いくら安くてもあんまり効果がないなら安物買いの、、、ってことになっちゃいますし。

具体的な効果は、パワーアンクルを着けた状態での活動量に当然左右されますが、
大まかに言って何も着けてない状態の
およそ2倍のエネルギーが消費されると考えられます。

つまり特にウォーキングなどをしなくても一日の徒歩数が4,000歩の方は、
約8,000歩歩いたのと同じエネルギーが消費されることになります。

しかも、1ヶ月もすれば筋肉量も増えて
基礎代謝量の増加も見込めさらに効果が増してきます。
なにより無意識の状態で効果が出る。

知らない間に脂肪がどんどん燃焼される。
そして、さらに費用がほとんどかからない点を考えると今すぐ始めたくなりませんか?

TOPページ
いつかはホノルルマラソン
フラット走法で走力UP
スロートレーニングで鍛える
かんたんカーボローディング
ランニングでダイエット
いい姿勢でダイエット
ウォーキングで健康に
パワーアンクルでかんたん
ダイエット
美しい腹筋
リンパマッサージの効果
ランナーにお勧め
サポートタイツ
膝痛の悩み解消
生活習慣病の予防
ダイエットの嘘と本当
ビタミンとミネラルの知識
プロフィール
リンク集
★私も経験者ですよ★

ちなみに、私自身の体験談をお話しますと、
2005年12月10日時点で65kgあった体重が1月末、
つまりわずか1ヶ月半で60.5kgまで落とすことに成功しました。

なんと−4.5kgの減量の成功です。

私自身の本来のベスト体重は、57kg〜58kgですので
あともうすこし頑張ろうと思っています。

ただ、この1ヶ月半の間は、無理な減量は一切していませんが
、間食をほとんど無くし食事ももともと
腹いっぱい食べるほうだったのですが、
腹八分目で極力終わらせるよう心がけました。

それとプロフィールのページやTOPページにも書いてますが、
私は約3年前より
ひょんなことから市民ランナーの仲間入りをはじめ
フルマラソンも含めて時々大会に出るようになったのですが、

昨年ある事情により走ることを中断していまして、
その間に食事の不摂生もたたり8kgも体重オーバーとなり、
今回ダイエットをすることにしたのですが、
この間ランニングは、一切してません。

つまりほぼ日常生活だけで
4.5kgの減量に成功したんです。

だから、誰にでも実現可能な数値だと思いますよ。

さあ、今すぐパワーアンクルを購入して
パワーアンクルで簡単ダイエットを始めましょう! 
 ★パワーアンクルの効果、最終結果?★

 2005年12月から始めたパワーアンクルでダイエットですが、2006年1月末で60.5kgと−4.5kgのダイエットに
 成功しましたが、その後の経過は以下の通りです。
 
               【月別体重の推移】  
12月 65.0kg
1月 60.5kg
2月 59.0kg
3月 58.0kg
4月 57.5kg
5月 57.5kg
 
 太りだす前の体重が、57kg〜58kg程度だったのでおよそダイエットを始めて3ヶ月程度で理想の体重まで
 落とすことができました。
 その後もリバウンドも無く順調に推移しています。
 
 ウエストも最大85cmまでふくれあがっていたのが嘘のように締まってきて、現在75cmで、買い換えたズボン
 が、逆に大きすぎて穿けなくなってうれしい?悲鳴を上げています。
 
 多分、このパワーアンクルがあれば、もう太ることもなさそうです。
ダイエットの嘘と本当
朝の運動味付けが濃いと太りやすい熱いお風呂は痩せられるアルコール飲料は太るアルコールとごはんアルコールは食欲を増進させる一日2食は一日3食より太りやすいイモ類は太るいろいろなダイエット食品インスリンウィスキーや焼酎は太らないウエイトサイクリング美しい姿勢はダイエットの基本運動強度と無酸素代謝運動と食事の関係栄養値エコノミークラス症候群エステの施術で痩せられるエストロゲンエネルギーになるのは糖と脂エンプティーカロリー食品買い物ダイエットカウチポテトをしない鏡で痩せる隠れ肥満に注意隠れ肥満になる不思議賢い食品購入法ガルシニアカンボジアエキスガルシニアの効用基礎体温基礎代謝キトサンの効用ギムネマシルベスタエキスギムマネの効用果物は食べても太らない血圧数値恋をすると痩せられる交感神経の働きと肥満高血圧症高脂血症甲状腺ホルモン剤更年期のホルモン補充療法骨粗しょう症こんにゃくダイエットサーカディアンリズム最大酸素摂取量擦過疹砂糖の取りすぎの危険脂肪肝脂肪吸引術では意味がない脂肪細胞と肥満の関係脂肪は部分的に減らせるのか脂肪はもみだすことができる食事回数が減ると太る食事中に中休みを入れる食物繊維の摂取食物繊維食物繊維で肥満を予防身体活動能力水分を沢山取ると水太りになる睡眠時無呼吸症候群ずっと太っていた人は痩せにくい生活習慣病とリンゴ型肥満性腺刺激ホルモン生理周期と女性ホルモンダイエット運動ダイエット解禁日ダイエット広告の誘惑楽しくダイエットタバコと病気タバコは百害あって一利なし卵ダイエット単一食品ダイエット単純糖質胆石症中国茶を飲むとやせる朝食はダイエットに有効超低カロリーダイエットつまみ食いまで食事記録にトウガラシ糖質の効果的なとり方糖質の種類糖質の性質糖尿病年をとると太るながら食いは辞める入浴と飲み物寝るだけで痩せられる脳梗塞早食いは太りやすい半身浴反復浴ビールと尿酸値皮下脂肪型肥満肥満が身体に与える影響肥満と遺伝の関係複合糖質太ると頭の働きが鈍くなる太るとすぐ顔に出る太るとセックスの感度が悪くなる部分やせは可能なのか風呂上りに水を浴びるとやせるプロゲステロン変形性関節症毎食食べるご飯とパン間違ったダイエット満腹感水をとらないと痩せるは、嘘痩せ薬の嘘痩せの大食い痩せる薬有酸素運動有酸素代謝ゆっくり食べる夜遅く食事をしない夜の運動利尿薬で痩せるリバウンド経験者は痩せにくいリンゴ型肥満と洋梨型肥満りんごダイエット
ビタミンとミネラルの知識
ビタミンとミネラル一日所要量損失量が多いビタミンB1とCビタミンAは取りすぎに注意ビタミンDは取りすぎに注意ビタミンが欠乏するとどうなるかビタミン様作用物質ミネラル緑黄色野菜の上手な取り方亜鉛の作用亜鉛の不足亜鉛の摂取カリウムの作用カリウムの不足カリウムの摂取カルシウムの作用カルシウムの不足カルシウムの摂取カルニチンの作用クロムの作用クロムの不足セレンの作用セレンの摂取鉄の作用鉄の不足鉄の摂取銅の作用銅の不足銅の摂取ナトリウムの過剰ナトリウムの作用ナトリウムの不足ニコチン酸の作用ニコチン酸の不足ニコチン酸の摂取パントテン酸の作用パントテン酸の不足パントテン酸の摂取ビオチンの作用ビオチンの不足ビオチンの摂取ビタミンAの過剰ビタミンAの作用ビタミンAの摂取ビタミンAの不足ビタミンB12の作用ビタミンB12の不足ビタミンB12の摂取ビタミンB1の過剰ビタミンB1の作用ビタミンB1の不足ビタミンB1の摂取ビタミンB2の過剰ビタミンB2の作用ビタミンB2の不足ビタミンB2の摂取ビタミンB6の過剰ビタミンB6の作用ビタミンB6の不足ビタミンB6の摂取ビタミンCの作用ビタミンCの不足ビタミンCの摂取ビタミンDの過剰ビタミンDの作用ビタミンDの不足ビタミンDの摂取ビタミンEの過剰ビタミンEの作用ビタミンEの不足ビタミンEの摂取ビタミンKの過剰ビタミンKの作用ビタミンKの不足ビタミンKの摂取フラボノイドの作用マグネシウムの作用マグネシウムの不足マグネシウムの摂取マンガンの作用マンガンの不足マンガンの摂取モリブデンの作用モリブデンの不足モリブデンの摂取ユビキノンの作用葉酸の作用葉酸の不足葉酸の摂取ヨウ素の作用ヨウ素の不足ヨウ素の摂取リポ酸の作用リンの作用リンの不足
Copyright (C) マラソンとダイエットの森 All Rights Reserved