不動産投資成功の秘訣
TOP不動産投資のリスク賃料滞納のリスク

不動産投資成功の秘訣 メニュー

賃料滞納のリスク


既に借主が確保され、しばらく空室の心配がない場合であっても、借主の経済的な事情や性質的な事情などによって賃料が予定どおり支払われなくなるというように、不動産投資には賃料滞納のリスクがあります。

賃料を滞納された場合は、借主への督促、連帯保証人への督促が必要となります。また、賃料の督促、回収、賃料の不払いを理由に退去させる業務を不動産業者や弁護士などに依頼した場合には費用が発生します。
このように賃料の滞納があった場合は労力と費用が発生することに加えて、その間、新たな借主を確保して収入を得ることができませんので、空室である状態よりもさらに損害を被ってしまう可能性があります。

仮に立ち退きが成立したとしても、不払い分の賃料が回収できるかどうかはわかりません。
したがって不動産投資をする場合は、借主の信用力に加え連帯保証人の信用力についても十分な調査が必要となります。

既に稼働中(賃貸中)の不動産を購入する場合は、借主の過去の滞納履歴についても調査するのが望ましいでしょう。

最近テレビで見かけることがある追い出し屋ですが、滞納のリスクを軽減する意味でも最近は、保証会社をつけるケースが増えてきているようです。


不動産投資成功の秘訣 コンテンツ一覧

不動産投資が注目されているのはなぜ?     不動産投資のメリット・デメリット

始めよう不動産投資

不動産投資のリスク

  
空室のリスク   賃料下落のリスク  
賃料滞納のリスク    賃貸戸数とリスク

リスクの回避方法

   家賃保証   滞納保証   条件面の変更

   広告やアンテナの設置   入居条件の緩和

不動産投資が注目されているのはなぜ?
  
不動産投資のメリット・デメリット

始めよう不動産投資

不動産投資のリスク

  
空室のリスク

  
賃料下落のリスク

  
賃料滞納のリスク

    賃貸戸数とリスク

リスクの回避方法

   家賃保証

   滞納保証

   条件面の変更

   広告やアンテナの設置

   入居条件の緩和
Copyright (C) 〜不動産投資成功の秘訣〜 All Rights Reserved