ホノルルマラソン

いつかはホノルルマラソン

いつかはホノルルマラソン

ホノルルマラソン

マラソンと言えば、
ホノルルマラソンっていう方は、多いですよね。

例年、ハワイで開催される
大会なのに
日本人の参加者の割合は
6割以上とのこと。

ちなみに昨年12月開催の大会では、25,671人中
実に15,723人が日本人だったそうです。


参加人数の多さにも驚かされますが、
日本人の参加人数の多さには、さらにさらに驚き!
ホノルルマラソン
のすごさを思い知らされます。。

ハワイで開催されることもあって普段マラソンには興味ない方でも
『いつかはホノルルマラソンに出てみたいなぁ』
って思っておられ方は、多いんじゃないでしょうか。


★制限時間なし

ホノルルマラソンの魅力は、数え切れないほどありますが、
一度もフルマラソンを走ったことがない人には
制限時間がないと言うのも魅力のひとつでしょうね。

日本の大会ですと道路事情などの影響でほとんどの大会が、5時間以内、
まれに7時間という大会もありますが、
マラソンを競技として考えている方は別として
ゆっくりでもいいから走ることを楽しみたい方や
一度でいいからフルマラソンを走ってみたいと考えているような方には、
厳しい時間制限です。

せっかく一生懸命走ってきたのに
途中の関門で係りの人に止められるのは、
悔しい以外の何者でもないでしょうね。

その点、ホノルルマラソンは、
初めての方や非常に高齢の方でも分け隔てなくフルマラソンの完走が楽しめます。
昨年のホノルルマラソンの最終ランナーは
なんと14時間以上かかったそうですから
14時間を42kmで割ると1kmを約20分かけて走った(歩いた?)ことになりますから、
まさに止まらなければ完走出来るということです。


★お祭り騒ぎ

ホノルルマラソンは、2時間10分前後で走るトップエリートランナーと
マラソン初心者が、一緒に走ると言う稀な大会ですが、
派手な仮装をして走るランナーや
仲間同士わいわいやりながら走るランナーが沢山いて
スポーツの大会というより一種のお祭り(カーニバル)って感じです。

スタートは、真っ暗闇の朝5時スタートなんですが、
スタートと同時に大きな花火が打ち上げあれ
(普通の大会は花火を上げてもきれいに見えるなんてことは絶対ないですからね、
暗い時間のスタートってありえませんから)
まさにカーニバルの始まりって感じです。


★人、人、人

毎年3万人近い人が参加するホノルルマラソンですが、
その人の多さには正直驚かされます。

大通りとはいえ所詮、数車線しかないわけですから
スタートから最後尾までは信じられないくらいの長さになります。

おそらく最後尾の人がスタートラインをまたぐまでには軽く10分以上は経過しているでしょう。

中には、スタートの合図がしているのに
トイレのこれまた長ーい列に並んでいる人が大勢いるほどですから。


★応援のすごさ

ホノルルマラソンは、その参加ランナーの多さだけではなく
大会を支援する人も半端じゃなく沢山います。

給水などをしてくれるエイドステーションには、
一箇所につき何十人もボランティアの方々がいらっしゃいますし、
私設応援団だけではなく地元の方々の応援や
ボランティアがすごいんですよね。

飴やみかんをボランティアで配ってくれる人や
エアーサロンパス片手に応援してくれる人など
ランナーにとっては、
そんな人々との交流が得られるのも
ホノルルマラソンの魅力じゃないでしょうか。


★完走後は『感動』

一部のエリートランナーはともかくほとんどの一般ランナーは、
朝日があがってから暑さとの戦いがレースの後半を待っています。

12月でも当然ハワイは、日本の夏と同じ気温ですから
疲れてきた身体に厳しい日差しは、結構つらいものがあります。

ただ、救いは周りに一緒に走っているランナーが、
沢山いることでしょうね。

そんな仲間たちと一緒に42.195kmを走り終えると
大勢の観衆や先に完走したランナー達の他に
あふれんばかりの『感動』が待っていてくれます。

足は、思うように動かなくなっていても
普段の日常生活では味わえない何かが自分を覆ってくれるはずです。


★なんともいえない一体感

他のマラソン大会と同じくホノルルマラソンでも完走者には
『FINISHER』
と書いたTシャツがプレゼントされます。

他の大会と違うのが、
ほとんどのランナーが観光もかねてハワイに来ているので、
完走後(当日、翌日)そのTシャツを着て
ワイキキ通りを歩いているんですよね。

ちょっと恥ずかしいような気持ちもありますが、
Tシャツを着ている人とすれ違うと言葉は交わさなくても
一緒にホノルルマラソンを走りきった仲間なんだ
という一体感が駆け巡ってきて
なんともいえないいい気分になっちゃいます。
TOPページ
いつかはホノルルマラソン
フラット走法で走力UP
スロートレーニングで鍛える
かんたんカーボローディング
ランニングでダイエット
いい姿勢でダイエット
ウォーキングで健康に
パワーアンクルでかんたん
ダイエット
美しい腹筋
リンパマッサージの効果
ランナーにお勧め
サポートタイツ
膝痛の悩み解消
生活習慣病の予防
ダイエットの嘘と本当
ビタミンとミネラルの知識
プロフィール
リンク集
 ★私も一度だけ★
 
 私自身も他の方と同じように
 一度は走ってみたい大会でしたので、
 2004年の大会に家族同伴で行ってきました。

 その年は、スターターがオリンピック金メダリストの
 野口みずきさんがつとめていて、
 みんなスタート付近で野口さんに声をかけていました。
 
 記録は、練習不足と暑さで後半ばててしまい3時間48分45秒と
 決していいタイムではなかったのですが、
 あんなに楽しい大会はありませんでした。

 まさに記憶に残る大会だったと思います。
 
 一生に一度はフルマラソンを走ってみたいなぁと
 思っている方には、最もお勧めの大会です。

 ぜひ参加してみてください。

今までに味わったことのないような
感動があなたを待っているかも!?
ダイエットの嘘と本当
朝の運動味付けが濃いと太りやすい熱いお風呂は痩せられるアルコール飲料は太るアルコールとごはんアルコールは食欲を増進させる一日2食は一日3食より太りやすいイモ類は太るいろいろなダイエット食品インスリンウィスキーや焼酎は太らないウエイトサイクリング美しい姿勢はダイエットの基本運動強度と無酸素代謝運動と食事の関係栄養値エコノミークラス症候群エステの施術で痩せられるエストロゲンエネルギーになるのは糖と脂エンプティーカロリー食品買い物ダイエットカウチポテトをしない鏡で痩せる隠れ肥満に注意隠れ肥満になる不思議賢い食品購入法ガルシニアカンボジアエキスガルシニアの効用基礎体温基礎代謝キトサンの効用ギムネマシルベスタエキスギムマネの効用果物は食べても太らない血圧数値恋をすると痩せられる交感神経の働きと肥満高血圧症高脂血症甲状腺ホルモン剤更年期のホルモン補充療法骨粗しょう症こんにゃくダイエットサーカディアンリズム最大酸素摂取量擦過疹砂糖の取りすぎの危険脂肪肝脂肪吸引術では意味がない脂肪細胞と肥満の関係脂肪は部分的に減らせるのか脂肪はもみだすことができる食事回数が減ると太る食事中に中休みを入れる食物繊維の摂取食物繊維食物繊維で肥満を予防身体活動能力水分を沢山取ると水太りになる睡眠時無呼吸症候群ずっと太っていた人は痩せにくい生活習慣病とリンゴ型肥満性腺刺激ホルモン生理周期と女性ホルモンダイエット運動ダイエット解禁日ダイエット広告の誘惑楽しくダイエットタバコと病気タバコは百害あって一利なし卵ダイエット単一食品ダイエット単純糖質胆石症中国茶を飲むとやせる朝食はダイエットに有効超低カロリーダイエットつまみ食いまで食事記録にトウガラシ糖質の効果的なとり方糖質の種類糖質の性質糖尿病年をとると太るながら食いは辞める入浴と飲み物寝るだけで痩せられる脳梗塞早食いは太りやすい半身浴反復浴ビールと尿酸値皮下脂肪型肥満肥満が身体に与える影響肥満と遺伝の関係複合糖質太ると頭の働きが鈍くなる太るとすぐ顔に出る太るとセックスの感度が悪くなる部分やせは可能なのか風呂上りに水を浴びるとやせるプロゲステロン変形性関節症毎食食べるご飯とパン間違ったダイエット満腹感水をとらないと痩せるは、嘘痩せ薬の嘘痩せの大食い痩せる薬有酸素運動有酸素代謝ゆっくり食べる夜遅く食事をしない夜の運動利尿薬で痩せるリバウンド経験者は痩せにくいリンゴ型肥満と洋梨型肥満りんごダイエット
ビタミンとミネラルの知識
ビタミンとミネラル一日所要量損失量が多いビタミンB1とCビタミンAは取りすぎに注意ビタミンDは取りすぎに注意ビタミンが欠乏するとどうなるかビタミン様作用物質ミネラル緑黄色野菜の上手な取り方亜鉛の作用亜鉛の不足亜鉛の摂取カリウムの作用カリウムの不足カリウムの摂取カルシウムの作用カルシウムの不足カルシウムの摂取カルニチンの作用クロムの作用クロムの不足セレンの作用セレンの摂取鉄の作用鉄の不足鉄の摂取銅の作用銅の不足銅の摂取ナトリウムの過剰ナトリウムの作用ナトリウムの不足ニコチン酸の作用ニコチン酸の不足ニコチン酸の摂取パントテン酸の作用パントテン酸の不足パントテン酸の摂取ビオチンの作用ビオチンの不足ビオチンの摂取ビタミンAの過剰ビタミンAの作用ビタミンAの摂取ビタミンAの不足ビタミンB12の作用ビタミンB12の不足ビタミンB12の摂取ビタミンB1の過剰ビタミンB1の作用ビタミンB1の不足ビタミンB1の摂取ビタミンB2の過剰ビタミンB2の作用ビタミンB2の不足ビタミンB2の摂取ビタミンB6の過剰ビタミンB6の作用ビタミンB6の不足ビタミンB6の摂取ビタミンCの作用ビタミンCの不足ビタミンCの摂取ビタミンDの過剰ビタミンDの作用ビタミンDの不足ビタミンDの摂取ビタミンEの過剰ビタミンEの作用ビタミンEの不足ビタミンEの摂取ビタミンKの過剰ビタミンKの作用ビタミンKの不足ビタミンKの摂取フラボノイドの作用マグネシウムの作用マグネシウムの不足マグネシウムの摂取マンガンの作用マンガンの不足マンガンの摂取モリブデンの作用モリブデンの不足モリブデンの摂取ユビキノンの作用葉酸の作用葉酸の不足葉酸の摂取ヨウ素の作用ヨウ素の不足ヨウ素の摂取リポ酸の作用リンの作用リンの不足
Copyright (C) マラソンとダイエットの森 All Rights Reserved