ウォーキング

ウォーキングで健康に

ウォーキングで健康に

ウォーキングを始めよう!

最近はウォーキングをしている人を
街角で沢山見かけるようになりましたよねぇ。
通勤や帰宅時に一駅手前で降りて
ウォーキングなんて人もいますし、

若い方から年配の方まで、
友達数人と楽しくおしゃべりをしながらとか、
なかにはばっちりウェアを着込んで
手には鉄アレイを持ってなんていう本格的な方まで。
ほとんどの方が、
『最近太り気味だし』『運動不足解消のため』『健康・ダイエットのため』
なんていう理由で始められてる方がほとんどじゃないでしょうか。
ウォーキングの仕方って最近ではTVに出てる有名人もいるくらいで
かなり知れ渡ってきてますが、
ここでは、もう一度ウォーキングの仕方からその驚きの効果までをご案内いたします。


★ウォーキングの基本

いいウォーキングは、いい姿勢からスタートしなければなりません。

いい姿勢とは、
       @ 背筋を伸ばし少し胸を張るよう感じ
       A お腹は引っ込める
       B あごは引き自然に前を見る
       C お尻を突き出さない

およそこんな感じですが、
全体的に頭のてっぺんから足元まで
一本の棒のようにまっすぐ立つようにしてください。

両手で腰をつかんで親指で腰を少し押してあげると
さらにいい姿勢に近づけると思います。

あとは、一本の線の上を歩くと言うより少し幅、
だいたい20cmくらいが目安になると思いますが、をあけて歩いてください。


★膝を曲げすぎない

膝を曲げて歩くとあまりかっこよくありません。
できるだけ膝を曲げずにまっすぐ前を見てスムースな移動を心がけてください。


★体重をうまく乗せる

きれいにそしてスムースなウォーキングをするためには、
体重をうまく乗せることが重要です。
体重をうまく乗せるというのは、
『振り出した前足が地面に設置する瞬間に体重を乗せる』
ということです。

さらにこの時、腰の回転を意識してください。
例えば、右足を出すときに右の腰を前に出すことにより
設置とほぼ同時に体重を乗せていくことができやすくなります。
この腰の使い方が上手くできないと
重心が後に残りスムースな移動ができにくくなります。

ちょっとややこしい言い方をしましたが、
考えすぎるとぎこちない動きになりやすいので、
すこしづつ意識してやってみてください。

なれてくれば前足が接地する瞬間に体重を乗せることを意識するだけで
自然と腰が前に出るようになると思います。

腰を意識しにくい方は、身体全体を前に出す、
お腹の辺りを一本の紐で引っ張られる感じ、
という意識でやってみてもいいかもしれません。


★ウォーキングでダイエット

ウォーキングはそれだけで脂肪の燃焼をしてくれますので
ダイエット効果も十分あると言えるのですが、
いい姿勢で行うことでより効果的になります。
いい姿勢でウォーキングをすると、なにも考えずに歩いているときに比べて
腹筋や背筋を使いますのでその分エネルギーを消費することになるため
脂肪の燃焼を助けてくれます。

よく言われてることですが、1回のウォーキングは、
最低でも20分以上行うようにすればより効果的といえます。


★パンツが似合うスタイルに

ウォーキングだけじゃなく普段の歩きのときにも言えることなんですが、
足は内股じゃなく自然なポジション(若干開き気味)で歩いてください。

日本の女性は欧米人に比べ内股で歩く人が多いのですが、
内股で歩くと臀部つまりお尻の筋肉が緩んで垂れやすくなってきます。

逆に開き気味にしているとお尻が『キュッ』としまった感じ
(実際、開いたときと閉じたときの感覚を感じてみてください)になると思います。

この状態をいつも続けるとお尻の形が良くなりまた、
お尻のラインが上がってくるので足が長く見えるようになり
パンツルックが今まで以上にきれいに見えるようになること請け合いです。
TOPページ
いつかはホノルルマラソン
フラット走法で走力UP
スロートレーニングで鍛える
かんたんカーボローディング
ランニングでダイエット
いい姿勢でダイエット
ウォーキングで健康に
パワーアンクルでかんたん
ダイエット
美しい腹筋
リンパマッサージの効果
ランナーにお勧め
サポートタイツ
膝痛の悩み解消
生活習慣病の予防
ダイエットの嘘と本当
ビタミンとミネラルの知識
プロフィール
リンク集
 
ダイエットの嘘と本当
朝の運動味付けが濃いと太りやすい熱いお風呂は痩せられるアルコール飲料は太るアルコールとごはんアルコールは食欲を増進させる一日2食は一日3食より太りやすいイモ類は太るいろいろなダイエット食品インスリンウィスキーや焼酎は太らないウエイトサイクリング美しい姿勢はダイエットの基本運動強度と無酸素代謝運動と食事の関係栄養値エコノミークラス症候群エステの施術で痩せられるエストロゲンエネルギーになるのは糖と脂エンプティーカロリー食品買い物ダイエットカウチポテトをしない鏡で痩せる隠れ肥満に注意隠れ肥満になる不思議賢い食品購入法ガルシニアカンボジアエキスガルシニアの効用基礎体温基礎代謝キトサンの効用ギムネマシルベスタエキスギムマネの効用果物は食べても太らない血圧数値恋をすると痩せられる交感神経の働きと肥満高血圧症高脂血症甲状腺ホルモン剤更年期のホルモン補充療法骨粗しょう症こんにゃくダイエットサーカディアンリズム最大酸素摂取量擦過疹砂糖の取りすぎの危険脂肪肝脂肪吸引術では意味がない脂肪細胞と肥満の関係脂肪は部分的に減らせるのか脂肪はもみだすことができる食事回数が減ると太る食事中に中休みを入れる食物繊維の摂取食物繊維食物繊維で肥満を予防身体活動能力水分を沢山取ると水太りになる睡眠時無呼吸症候群ずっと太っていた人は痩せにくい生活習慣病とリンゴ型肥満性腺刺激ホルモン生理周期と女性ホルモンダイエット運動ダイエット解禁日ダイエット広告の誘惑楽しくダイエットタバコと病気タバコは百害あって一利なし卵ダイエット単一食品ダイエット単純糖質胆石症中国茶を飲むとやせる朝食はダイエットに有効超低カロリーダイエットつまみ食いまで食事記録にトウガラシ糖質の効果的なとり方糖質の種類糖質の性質糖尿病年をとると太るながら食いは辞める入浴と飲み物寝るだけで痩せられる脳梗塞早食いは太りやすい半身浴反復浴ビールと尿酸値皮下脂肪型肥満肥満が身体に与える影響肥満と遺伝の関係複合糖質太ると頭の働きが鈍くなる太るとすぐ顔に出る太るとセックスの感度が悪くなる部分やせは可能なのか風呂上りに水を浴びるとやせるプロゲステロン変形性関節症毎食食べるご飯とパン間違ったダイエット満腹感水をとらないと痩せるは、嘘痩せ薬の嘘痩せの大食い痩せる薬有酸素運動有酸素代謝ゆっくり食べる夜遅く食事をしない夜の運動利尿薬で痩せるリバウンド経験者は痩せにくいリンゴ型肥満と洋梨型肥満りんごダイエット
ビタミンとミネラルの知識
ビタミンとミネラル一日所要量損失量が多いビタミンB1とCビタミンAは取りすぎに注意ビタミンDは取りすぎに注意ビタミンが欠乏するとどうなるかビタミン様作用物質ミネラル緑黄色野菜の上手な取り方亜鉛の作用亜鉛の不足亜鉛の摂取カリウムの作用カリウムの不足カリウムの摂取カルシウムの作用カルシウムの不足カルシウムの摂取カルニチンの作用クロムの作用クロムの不足セレンの作用セレンの摂取鉄の作用鉄の不足鉄の摂取銅の作用銅の不足銅の摂取ナトリウムの過剰ナトリウムの作用ナトリウムの不足ニコチン酸の作用ニコチン酸の不足ニコチン酸の摂取パントテン酸の作用パントテン酸の不足パントテン酸の摂取ビオチンの作用ビオチンの不足ビオチンの摂取ビタミンAの過剰ビタミンAの作用ビタミンAの摂取ビタミンAの不足ビタミンB12の作用ビタミンB12の不足ビタミンB12の摂取ビタミンB1の過剰ビタミンB1の作用ビタミンB1の不足ビタミンB1の摂取ビタミンB2の過剰ビタミンB2の作用ビタミンB2の不足ビタミンB2の摂取ビタミンB6の過剰ビタミンB6の作用ビタミンB6の不足ビタミンB6の摂取ビタミンCの作用ビタミンCの不足ビタミンCの摂取ビタミンDの過剰ビタミンDの作用ビタミンDの不足ビタミンDの摂取ビタミンEの過剰ビタミンEの作用ビタミンEの不足ビタミンEの摂取ビタミンKの過剰ビタミンKの作用ビタミンKの不足ビタミンKの摂取フラボノイドの作用マグネシウムの作用マグネシウムの不足マグネシウムの摂取マンガンの作用マンガンの不足マンガンの摂取モリブデンの作用モリブデンの不足モリブデンの摂取ユビキノンの作用葉酸の作用葉酸の不足葉酸の摂取ヨウ素の作用ヨウ素の不足ヨウ素の摂取リポ酸の作用リンの作用リンの不足
Copyright (C)  マラソンとダイエットの森 All Rights Reserved